弁護士なら確実にできる交通事故の示談交渉

法的な主張

弁護士は、交渉の専門家であるだけではなく、法律のプロフェッショナルです。特に交通事故を得意としてきている弁護士であれば、さまざまな事案に対する対応力にもたけているといえるでしょう。示談金の交渉においても、この能力が生かされていくことになります。

過失割合交通事故には、特定の場合を除き、過失割合があります。止まっているときに後方から追突されるような事故以外では、被害に遭ったほうも何らかの原因があるとされるのが過失割合です。この原因が何かによっては、加害者は過失割合の変更を求めながら減額の主張をしてくることがあります。もちろん、示談金も大幅に減少することになるでしょう。ですが、どうしてこうなるのか、原因を知らなければいけません。

弁護士であれば、さまざまな資料を取り寄せながら、主張を覆すことができる可能性が出てきます。過去の判例から主張を受け入れる必要がないと判断できることもあるからです。こうした反論は、法律の専門家でなければできないでしょう。過去の判例を頭に入れていくというのは、簡単にできることではないからです。弁護士は、依頼者の利益を最大化することを使命としています。相談しておくことによって、被害者が損をしてしまうような条件を避けられるようになるのですから、メリットは大きいでしょう。

推奨LINK
交通事故示談の流れ/弁護士法人アディーレ


関連記事

裁判所の算定基準

示談交渉を保険会社とするのは、かなりのデメリットが付きまといます。特に問題になってくるのは、示談金が大幅に低いような場合になるでしょう。適正金額なのかを認識できていれば問題も少なくなりますが、実際にできる人はそうはいません。どの程度賠償してもらえるのかは大事な焦点になってくるのですから、しっかりと考えていく必要があります。

算定基準弁護士に相談せずに示談交渉をすると、保険会社は自社の算定基準によって示談金を計算して提示してきます。それしか知らないと思っているからです。多かれ少なかれ示談交渉をすることになるのであれば、最初は低い金額から提示するのは当然の流れです。さまざまな内訳をつけてきますが、その理由がはっきりわかる人はまずいません。内容を聞けば、しっかりと計算されたものというのが当然ですが、根拠は保険会社の利益にあると知れば、そんな示談は受け入れられないということが見えてくるでしょう。

弁護士に依頼すると、示談の算定基準は裁判所が判決としてだしてきたものが基準となります。保険会社の算定基準よりはるかに高いレベルになってきますが、判決ですので正当と認められた基準です。これをもとに弁護士は交渉するのですから、メリットになってくるでしょう。


関連記事

専門家との交渉

交通事故にあってしまったときに、自分で保険会社と交渉するのは大変面倒です。体験があれば、まだ対応ができるでしょう。しかし、ほとんどの人はそんな経験があるわけではありません。交通事故の専門家であれば別ですが、そんな人が心配はしないはずです。保険会社がどんなことを考えて行動してくるかもわかりませんし、なにを提示するかもはっきりとしないでしょう。そんな相手とやり取りをすることは、精神的にもきつい負担を強いられます。実際に何をどう交渉するのかもわかりませんし、強いストレスを感じることになるでしょう。本当にこれでいいのかと思ってしまうような状況の中で進むのはメリットがありません。

弁護士保険会社の立場を考えてみなければいけませんが、営利企業であるというのがポイントになってきます。担当者がプロであるというだけではなく、治療費や慰謝料を支払ったとしても、利益をあげていかなければいけない立場にあります。被害者救済は重要であっても、自社の利益を優先にするのが営利企業です。

その関係の中で交渉をするのですから、簡単にはいきません。弁護士を入れて交渉するべきなのは、こうした背景を考えてみればはっきりと見えてくるでしょう。


関連記事

交通事故と示談交渉

弁護士に依頼するというのは、なかなか経験があることではありません。経験があれば依頼するのも難しくはありませんが、実際には難しいところがあるでしょう。依頼するためのメリットも見えてきませんし、どうやって手続きをしていくのかもはっきりとしないからです。いずれ示談交渉をしていくことになりますが、弁護士に相談して依頼したほうが、確実にメリットを生み出していきます。ポイントを抑えておく必要がありますが、自分自身ではなかなかうまくいきません。弁護士に相談する意味を考えてみれば、実際に外すことができないこともわかってくるはずです。

示談交渉弁護士に依頼する最大のメリットが、交渉のやり取りをしないでいいというところになってくるでしょう。示談交渉を考えてみるとわかりますが、保険会社というプロを相手に交渉をしていかなければいけません。保険会社のいう通りで示談交渉をするのなら問題はないはずです。

しかし、この金額に納得がいくとは限らないのです。保険会社にも都合があり、自分たちが損をしてまで支払いに応じるわけではありません。利益を出せる程度の支払いにしか応じないのですから、被害者なのに泣きを見なければいけなくなってしまいます。不利な状況を作り上げられていることに気が付くと、自分自身で示談をするのではなく、交渉を専門とする弁護士に依頼するほうが、価値が高いことが見えてくるでしょう

正当な示談交渉にするのが重要です。交通事故に遭わなければ、こんな心配もいらなかったのですから、参考にしながら示談交渉を考えてみるべきでしょう。


関連記事