弁護士なら確実にできる交通事故の示談交渉

裁判所の算定基準

示談交渉を保険会社とするのは、かなりのデメリットが付きまといます。特に問題になってくるのは、示談金が大幅に低いような場合になるでしょう。適正金額なのかを認識できていれば問題も少なくなりますが、実際にできる人はそうはいません。どの程度賠償してもらえるのかは大事な焦点になってくるのですから、しっかりと考えていく必要があります。

算定基準弁護士に相談せずに示談交渉をすると、保険会社は自社の算定基準によって示談金を計算して提示してきます。それしか知らないと思っているからです。多かれ少なかれ示談交渉をすることになるのであれば、最初は低い金額から提示するのは当然の流れです。さまざまな内訳をつけてきますが、その理由がはっきりわかる人はまずいません。内容を聞けば、しっかりと計算されたものというのが当然ですが、根拠は保険会社の利益にあると知れば、そんな示談は受け入れられないということが見えてくるでしょう。

弁護士に依頼すると、示談の算定基準は裁判所が判決としてだしてきたものが基準となります。保険会社の算定基準よりはるかに高いレベルになってきますが、判決ですので正当と認められた基準です。これをもとに弁護士は交渉するのですから、メリットになってくるでしょう。


関連記事


法的な主張
Previous post
専門家との交渉
Next post