弁護士なら確実にできる交通事故の示談交渉

法的な主張

弁護士は、交渉の専門家であるだけではなく、法律のプロフェッショナルです。特に交通事故を得意としてきている弁護士であれば、さまざまな事案に対する対応力にもたけているといえるでしょう。示談金の交渉においても、この能力が生かされていくことになります。

過失割合交通事故には、特定の場合を除き、過失割合があります。止まっているときに後方から追突されるような事故以外では、被害に遭ったほうも何らかの原因があるとされるのが過失割合です。この原因が何かによっては、加害者は過失割合の変更を求めながら減額の主張をしてくることがあります。もちろん、示談金も大幅に減少することになるでしょう。ですが、どうしてこうなるのか、原因を知らなければいけません。

弁護士であれば、さまざまな資料を取り寄せながら、主張を覆すことができる可能性が出てきます。過去の判例から主張を受け入れる必要がないと判断できることもあるからです。こうした反論は、法律の専門家でなければできないでしょう。過去の判例を頭に入れていくというのは、簡単にできることではないからです。弁護士は、依頼者の利益を最大化することを使命としています。相談しておくことによって、被害者が損をしてしまうような条件を避けられるようになるのですから、メリットは大きいでしょう。

推奨LINK
交通事故示談の流れ/弁護士法人アディーレ


関連記事


法的な主張
Previous post
裁判所の算定基準
Next post