弁護士なら確実にできる交通事故の示談交渉

専門家との交渉

交通事故にあってしまったときに、自分で保険会社と交渉するのは大変面倒です。体験があれば、まだ対応ができるでしょう。しかし、ほとんどの人はそんな経験があるわけではありません。交通事故の専門家であれば別ですが、そんな人が心配はしないはずです。保険会社がどんなことを考えて行動してくるかもわかりませんし、なにを提示するかもはっきりとしないでしょう。そんな相手とやり取りをすることは、精神的にもきつい負担を強いられます。実際に何をどう交渉するのかもわかりませんし、強いストレスを感じることになるでしょう。本当にこれでいいのかと思ってしまうような状況の中で進むのはメリットがありません。

弁護士保険会社の立場を考えてみなければいけませんが、営利企業であるというのがポイントになってきます。担当者がプロであるというだけではなく、治療費や慰謝料を支払ったとしても、利益をあげていかなければいけない立場にあります。被害者救済は重要であっても、自社の利益を優先にするのが営利企業です。

その関係の中で交渉をするのですから、簡単にはいきません。弁護士を入れて交渉するべきなのは、こうした背景を考えてみればはっきりと見えてくるでしょう。


関連記事


裁判所の算定基準
Previous post
交通事故と示談交渉
Next post